靴を磨くためだけの贅沢な時間を過ごす。 – Relaxing Time –vol.2

こんにちは。CROUKAスタッフのリエッティです♪
情勢がめまぐるしくかわり、なかなか心落ち着かない日々が続きますね。

みなさまは 自宅で過ごす時間が例年より長くなり、どのように過ごされていますか?
私は春めいたこの時期に、お気に入りの洋服を着て出掛けられないことに
もどかしさを感じながらも、掃除が大掃除になり大掃除が模様替えになり、衣替え…
と なんだかんだ楽しく過ごしています。

ただ1つ、家族の気が滅入らないように、少しの彩りを添えることは意識し続けています。
今週の花はこちら♡すこし早いですがダリア。

身近にあるものの美しさに改めてハッとしているのは、自分の中に少し
ゆとりができたからかもしれないですね。
そう思うと、この時世でもなんだか前向きに♪

CROUKAオンラインショップは可能な限り営業を続け、自宅で過ごす日々のささやかな楽しみや、洋服を着て出掛けることが待ち遠しくなるような、ワクワク感をお届けし続けられたらと思っています。

さて、今回は先日西原のブログでもお伝えした「Relaxing Time」の第2回目として「shoe care-大切なシューズのお手入れ方法-」をご紹介します。

”靴は人柄がでる”といわれるほど、第一印象に影響を与えているのは周知のとおりですね。
新しい出会いが増える春。じっくり時間をかけて靴を洗ってみてくださいね。
足元を整えると、すっきりとした気持ちにさせてくれますよ♪

このブログでは、その中でもスニーカーの洗い方をご紹介します。

STEP:1 必要なもの

キャンバススニーカー/大きめの洗濯桶/洗剤/洗濯用せっけん
ブラシ/ぬるま湯/タオル/メラニンスポンジ

桶がない場合は、洗面台のシンクでもOK♪頑固な汚れには洗浄力の強い粉末洗剤がよく落ちますよ。

STEP:2 つけ置きする


洗濯桶に40度くらいのぬるま湯を入れたら洗剤を溶かし、スニーカーを約30分つけ置きします。
こうすることで、洗剤が浸透して汚れが落ちやすくなりますよ。紐がついているスニーカーは紐を外して、別で手洗いしてくださいね。

STEP:3 ブラシで擦る


生地を傷めないように、ブラシで汚れを落としていきます。
ソールの汚れが落ちにくい部分は、メラニンスポンジでこすると落ちやすいですよ。
生地が黒ずんで落ちないときは、洗濯用せっけんをつけてブラシでこすってみてくださいね♪

STEP:4 脱水して日陰に干す


泡がなくなるまでぬるま湯ですすぎ、洗濯機で脱水します。
このとき、スニーカーにタオルを詰めることでしっかりと脱水でき、水ジミや型崩れを防いでくれます。
すぐに直射日光の当たらない場所に干しましょう。

是非ぽかぽか暖かい日に試してみてくださいね◎

みなさまが お変わりなく過ごせていることを、心よりお祈りいたします。
ここまでお付き合い頂き有難うございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です