ヘイコラ。第弐拾壱回。

heycolumn21 ブランド

とゆーアレで、みなさまこんばんは。
CROUKAメンズスタッフのヘイヨーことヨーヘイです。

先月、忙しいことを言い訳にシレッとヘイコラ一回飛ばしていましたが、特に誰にも何も言われなかったので良しとしています。

さて、花粉症が猛威を奮っていて朝から鼻水が滝のように流れる今日このごろですが、CROUKAの社内では『健康志向』が空前のブームとなっています。
3月からは『みんなで地球一周歩こう♪』という取り組みがスタート。
スタッフみんなで毎月の歩数をカウントし、平均的な歩幅を元に進んだ距離を計測。1年間で地球一周の距離=40,075kmを突破できるか!?という試み。1年後の結果が楽しみですね。

その他にも会社がサークル活動を推奨。釣りサークルやヨガサークルなどアクティブ系サークルができ、これから本格的に活動していく予定です。

サークル活動とは別に各自で運動している人もチラホラ。
2年前くらいに僕がランニングしていた時には頑なに『走らない』と言っていたS田さんは、健康のために最近よくランニングをしています。
自宅が近い僕は先日、仕事を終えて帰宅したあとに一緒に走りましたが、あんなに『走らない』と言っていたS田さんが走っているレアな姿を見て感動のあまり・・・夜しか眠れませんでした。

そんなこんなで、コロナ禍にあってなかなかアクティブに出かけることがままならないご時世ですが、閉じこもってばかりいたら身体もなまって心も荒んでしまいます。
ちょっと考え方を変えてみて、今までなかなかできなかったことや、やったことのない新しいことにチャレンジしてみるのも良いかもしれないですね。

近日公開の新ブランドをご紹介!

さて、今回のヘイコラは近日公開される新しいブランドをご紹介しようと思います。
今季、CIOTA、COMESANDGOES、WELLDERなど・・・新しいブランドの取り扱いがスタートしていますが、本日ご紹介するブランドはなんとアパレルブランドではありません。
CROUKAといえばアパレルのセレクトショップではありますが・・・今回取り扱いをスタートするのはテーブルウェアのブランドなんです!
その名も『HASAMI PORCELAIN(ハサミ ポーセリン)』。
それではどんなブランドなのか、サクサクっとご紹介していきます!

HASAMI PORCELAINとは

HASAMI PORCELAIN
『HASAMI PORCELAIN(ハサミ ポーセリン)』とは、長崎・波佐見焼の老舗商社・西海陶器と、L.Aを拠点とするデザイナー篠本拓宏氏(tortoise)が共同で開発したグローバルなテーブルウェアのブランド。


日本有数の窯業の盛んな地、長崎県波佐見町で約400年前の江戸時代につくられはじめた陶磁器が波佐見焼です。
当時から日本各地はもとより、長崎港を経てヨーロッパへも出荷されており、そうした背景から、早くから量産体制が整えられたため、日用の食器としての確かな質と価格を実現。そして、その豊かな伝統は、現代に至るまで脈々と受け継がれてきました。
こうした遺産を現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして生まれたのが『HASAMI PORCELAIN』なのです。

HASAMI PORCELAIN の器は、陶器に比べて引き締まったシャープさがあり、通常の磁器よりも優しく有機的な心地よい感触が魅力のひとつ。
HASAMI PORCELAIN

そして、そのフォルムには、一切の装飾性がありません。
日本の伝統的な形態の根本でもある、潔くすっきりとした直線。機能と製造工程の必然性から導かれた、意味のある曲線。
HASAMI PORCELAIN の器はシンプルな線のみで構成されたミニマリズムの極みとも言えるデザインです。
HASAMI PORCELAIN

さらに、器のサイズは一定のモジュールに従って作られています。
マグカップ、ボウル、トレイなど個々のアイテムが共通の直径でデザインされているので、自由なスタッキングが可能で収納時や運搬時にも無駄がありません。
トレイがボウルのフタになり、単体では大型のプレートとしても使えるように、多機能性も備わっています。

ただ重ねて、そこにあるだけで絵になるようなデザインが魅力的です。

おわりに

いかがでしたか?
新ブランド『HASAMI PORCELAIN』。もう欲しくなった方もいるのではないでしょうか。
スタッキングできるので食器棚も整理整頓できそうですし、置いてるだけでなんだかオシャレな雰囲気なので見せる収納にも良さそうですよね。
もちろん贈り物にもオススメです。

今季CROUKAではトレイやプレート、マグカップがラインナップ。
HASAMI PORCELAIN には上記の他にボウルやプランターなんかもあるので、今後の展開も楽しみですね。

洋服と同じように、新しいテーブルウェアで皆さんのライフスタイルに彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

それではまた次回のヘイコラで。

コメント