植物のあるくらし『3月8日はミモザの日』

皆さま、こんにちは。
CROUKAスタッフのリエッティです⭐︎

普段はWEBにアップする特集ページの作成を担当しています。
実際に 実物を手に取ることなく購入いただくお客様にも、そのアイテムの魅力が伝わること。
はじめてその洋服に袖を通す瞬間をイメージできるような、リアリティのある提案を心がけています。

撮影をしたり、文章を練ったり。
勉強の毎日ですが、新しいことを吸収しながら仕事ができるのは、本当に幸せなことです^^

これからブログでは、取りとめのない日々のことや業務の裏側、シーズンごとに
おすすめのアイテムなどをお届けできたらと思っています。
改めてよろしくお願いします♪

さて、早速ですが3月8日は何の日かご存知でしょうか?
タイトルにも書いちゃいましたね。。

すっかり日本でもお馴染みとなりましたが、ミモザの日です。
イタリアでは「国際女性デー」であるこの日に男性から女性へ、感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈るのだそう。

わが家では3月8日はちょっとした記念日なので、ミモザは特別な花。

年が明け、慌ただしく過ぎてゆく毎日の中で、季節を感じさせてくれる存在でもあります。


今年は息子もその可憐さに、思わず照れちゃう。
花相手に顔を隠すという謎の行動ですが喜んでくれたのでヨシとしましょう♪
想像以上に興味を持ったため、早々に手の届かない場所へ。ごめんね。


そんな植物好きな私が つい先日実店舗で迎え入れたのがこちら。


コーデックスの『アデニウム アラビカム』。
別名「砂漠のバラ」と呼ばれています。
なんといっても寒さに弱い植物なので、雪の多い北近畿で育てるのはどうなの?
とずっとためらっていました。

しかし、実店舗で運命的な出会いをしてしまい、すぐに購入♪
このぽってりとしたフォルムと、ワイルドなルックスがたまらなく愛くるしい♡

うちのコは株元や伸び方が整っていて、イケメン。(親バカですみません)
ただ、個人的には もっと歪んだり、ねじれてみたり自由に生きてくれてオッケー♪
と毎朝愛でています。

もともと雨の少ない砂漠に自生しているアデニウムは、根や幹に水を貯えていて
落葉してきたら水やりをやめ、冬を越します。
うちのコは最近仕入れたようで、まだ落葉していません。
最近葉が黄色く色づきはじめ、そろそろかな?という感じです。

落葉性のある植物は、春先に芽がでてくるまで ソワソワと気になりますよね。
暖かくなる春から秋の間に開花するようなので、しっかり見届けます♪
わが家の環境にも早く慣れてくれますように。

実店舗では このようにアパレル以外にも観葉植物や多肉植物、草花を多数取り扱っています。

こちらは私イチオシの『カランコエ』。

カランコエは街中でもよくみかけますが、このカランコエのブロッコリーのような
もっさりフォルムが可愛い♡


この茂った葉っぱから、ピコンと伸びて咲くピンク色の可憐な花。
儚いですね。たくさんの蕾をつけているので、こちらも暖かくなるのが楽しみです♪

植物にも ひとつひとつ個性があるので、同じものは入荷できません。
惹かれたなら、それはもう運命的な出会いだと思います。
気になるものがあれば、是非その時に検討してくださいね。

もちろん植物以外にも^^


ピンク×ベージュのスタイリングを提案しています。
春は もうすぐそこまでやってきていますね。

日々舞い込む悲しい情報に思い煩い、不安ばかりが募りますが
鮮やかな花やお気に入りの植物、気分のあがる服は毎日を豊かに彩ってくれます。
いつでも気軽に遊びに来てくださいね☆

皆さま くれぐれもご自愛ください。
そして 笑顔で春を過ごせますように。

ここまでお付き合い頂き有難うございました♪

植物のあるくらし『3月8日はミモザの日』」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です